クレジットカード現金化は犯罪ではない

感染症の影響で日本は大きな経済的ダメージを受けました。
ほとんどの人が以前よりも収入が減ったので、毎月の家賃や光熱費を支払うだけでも大変という状況です。
そんな時に急な出費ができてしまうこともあります。
緊急に現金が必要な時には、クレジットカード現金化という方法がありますが、この方法は犯罪なのではないかと不安になる人もいます。

クレジットカード現金化とはどんなことをするのか?

クレジットカードはお金を借りるキャッシング枠と、買い物の時に使うショッピング枠に分かれています。
キャッシング枠では使える一か月の限度額が少ないため、すぐに使い切ってしまいます。
そこで裏技を使って、買い物で使うショッピング枠を現金に変えるのがクレジットカード現金化です。
まずは現金化業者に連絡して、業者が指定した商品を買って、中古品として同じ業者に買い取ってもらい現金を受け取ります。
また業者が指定した商品を買って、現金キャッシュバックという形で現金を受け取る方法もあります。

クレジットカード現金化は犯罪ではない

クレジットカード現金化は法律に違反していません。
現金化しようと思っていなくても、誰かへのプレゼントで商品を買って、結果的に必要なくなったので中古買取業者に売る人もいます。
こうした行為は正常で違法ではありません。
そのためクレジットカードで決済した商品を、業者に売っただけでは犯罪と断定することはできません。
ところが犯罪ではないので全く問題ないわけではなく、倫理的には微妙な行為なので、どんなリスクがあるかも考えなければなりません。

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化は法律に違反していないので犯罪とは断定されませんが、クレジットカード会社の利用規約には違反しています。
そのためカード会社に発覚した時に、カードの利用を停止されたり、場合によっては解約させられるかもしれません。
強制解約させられると、一括でこれまで借りていたお金を支払うことになるため、金銭的にも精神的にも追い詰められます。
またクレジットカード現金化をする業者の中には悪徳業者もいるため、取引でトラブルが発生することもあります。
一例としてもらえるはずだった現金が振り込まれなかった、途中で取引を中止したら高額のキャンセル料を支払わされた、手数料が高かったなど悪徳業者の被害に遭う人は後を絶ちません。

クレジットカードの現金化はキャッシング枠をメインに使うと良い

裏技を使ってショッピング枠を現金に変えることは犯罪ではありませんが、トラブルに巻き込まれる可能性があるので、よほど緊急の時でない限り利用しない方が無難でしょう。
でもクレジットカードのキャッシング枠を使用するのは、カード会社の利用にも法律にも違反しないので安心して使用できます。
クレジットカードのキャッシングはATMにクレジットカードを差し込んで、自分が必要な金額を入力すれば現金を手にできるので、誰でも簡単に出来ます。
クレジットカードのショッピング枠の現金化は犯罪ではありませんが、カード会社の利用規約に違反する微妙な行為です。
もしカード会社に発覚すれば、カードの利用停止や解約の恐れもあるため、使う前にはよくリスクも考えておきましょう。